• Wifiの契約の際の注意点

    カフェや図書館など、たまの気分転換に外で勉強したいというような要望があるかと思います。

    もし、週2、3回など頻繁に外で仕事をするのであれば、Wifiが利用できる場所を探すよりは、モバイルルーターを契約して、自分の好きな場所で自由にWifiが使えるようにすることを検討するのも手かもしれません。モバイルルーターを使えば、月々3000〜5000円程度の通信料金で、いつでもどこでも自由にインターネットを利用することができるようになります。

    Wifiの契約に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

    サービス内容によって月額の料金は異なりますが、サービス内容を大きく分けると、使用通信量に制限のあるもの、通信量は無制限で使用できるものに分けられます。



    料金的には後者のサービスの方が月の基本料金としては安くなります。

    ただし、どのサービスと契約するかの判断においては、モバイルルーターを使用する頻度や用途によって適切なサービスと契約をしないと損をしてしまいます。

    例えば、週に2回、図書館で勉強をする時にWifiを使いたいため、モバイルルーターを契約することを想定した場合、動画など通信容量を多く消費しない状況にも関わらず、使用通信量を無制限のサービスに契約するのは、結局、損をしてしまう形となります。
    一方、月額の基本通信量を抑えたいがために、月5G程度の少ない通信使用量の制限があるサービスを利用中で、家で動画を大量に見たりすると、すぐに上限に到達し、速度制限をかけられてしまいます。
    もし速度制限をかけられると、通常のWebページの読み込みにも数分かかるため、満足にネットを使えることができなくなります。

    もし追加料金を払えば、また快適な速度でインターネットを使用できますが、結局、無制限のサービスよりも通信料金は高くついてしまいます。


    ご自身の使用用途を検討した上で、どこのサービスを利用するか決めるとよいかと思います。