• Wifiの取り付けは契約したプロバイダーで異なる

    Wifiルーターを設置する場合、あらかじめインターネット接続回線の契約を行わなければなりません。

    インターネット接続専用の通信回線を契約すると、回線終端装置またはケーブルモデムと呼ばれる機器が、レンタルで設置されます。

    Wifiの契約が最近こちらで話題になりました。

    自宅でWifiができるようにするには、Wifiルーターのルーター機能がオンになっているかを確認し、回線終端装置またはケーブルモデムとWifiルーターをLANケーブルで接続します。



    なお回線終端装置やケーブルモデムは、アクセスポイントの機能を搭載した製品も用意されていますので、下に書いてあるような接続作業は必要とはしません。


    最初にルーターの機能がオンになっていることを確認し、ルーターのインターネット用ポートにLANケーブルを接続します。

    LANケーブルのもう一端を回線終端装置のLANポートに接続し、ルーターに電源ケーブルを接続します。
    ルーターの電源をオンにすれば利用することができます。



    契約したインターネットサービスプロバイダーによっては、ルーター設置後にルーターの設定画面を開いてインターネットの利用設定を行う必要があります。
    インターネットの利用設定は、インターネットサービスプロバイダーによって異なり、ルーターの取扱説明書や契約したインターネットサービスプロバイダーの取扱説明書を参考に、インターネットの接続設定を行ってください。


    この作業を行うことで、Wifi機器を使用することが可能となります。