今人気の無線LANは

良好なWifi環境のための中継器の導入について

光ファイバーによるブロードバンド回線の普及により、家庭で簡単に動画視聴などの大容量のファイルの送受信ができるようになりました。

スマートフォンやタブレット端末は今や、一人一台の普及状況です。屋外では4Gや3Gなどの携帯電話キャリアのサービスによるネット回線で、家庭内では光ファイバー回線をブロードバンドルーター経由でWifiによる多数デバイスの同時アクセスでインターネットを利用しています。一般的にデスクトップパソコンは有線で、スマートフォンはルーターと無線で接続しますので、家庭での無線の送受信環境が重要視されます。

木造家屋に比べて鉄筋コンクリート造の建物は、無線の電波が遮蔽されてしまい遠くまで到達するのが難しいです。また、二階建てや三階建ての住宅でも同様に家屋の隅々までWifiの電波を到達させることは困難です。このような場合は、無線LAN親機に中継器を加えることにより電波状況の改善ができます。親機を家屋の隅に置いて中継器を中央に設置すれば、親機からの電波が中継器で橋渡しされて親機とは反対側の隅まで到達できます。

部屋と部屋を仕切る壁の仕様が、木造の壁なか鉄筋入りのコンクリート壁かで、電波の透過が異なりますので、設置にあたっては親機と中継器のそれぞれの位置と間隔を変えて検証し、最適な場所を探すとよいです。また、集合住宅や家屋が密集した地域では、近隣の無線LANのWifiの電波が相互干渉してしまうので、2.4GHz帯域の電波でなく干渉に強い5GHz帯域の電波を扱うことのできる親機と中継器を導入するとよい結果が出ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *