今人気の無線LANは

Wifi中継器の役割

Wifiは無線LANの規格のひとつで、現在もっとも普及している方式です。

対応機器も多くパソコンはもちろんスマートフォンなどの携帯端末でも使われています。Wifiのメリットは、対応している機器であれば接続することができること、また機器の普及によって安価に利用することが可能になっていることなどです。現在発売されている持ち歩くことができる端末ではほぼWifi機能が標準搭載されていますし、スマートフォンやタブレット端末などはインターネットの接続手段をWifiに頼っています。

一方で無線LANである以上は無線を使って通信を行うため欠点として、電波の届く範囲でしか通信が出来ません。家庭用に使われているものは、その範囲も狭いため使える場所が限られます。このような時に使われるのが中継器です。Wifi中継器の役割は親機から発せられる電波をキャッチして離れたところにある子機に電波を中継する周辺機器です。

中継器を使うメリットは一つのルーターの使用できる範囲を広げるということであり、新たにルーターを設置した場合にはルーターごとに設定を行う必要がありますが、中継器を使用すればその設定が不要ということです。このため単に使用できる範囲を広げたいといった場合に手軽に行えるメリットがあります。また中継器は電波を中継するだけでなく有線に変更するといったことも可能ですから、配線が困難な場所で使用したいといった場合にも使われるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *