今人気の無線LANは

Wifi中継器の使い方と選び方のポイント

家庭でインターネットに接続する場合、ほとんどの方はスマートフォンやタブレット端末でも接続ができるようにするためにWifiルーターを設置しています。

無線でインターネットを接続すればケーブルが不要で、利便性が高いというメリットがあります。無線だと親機から距離が離れたり壁や床などの障害物により電波が弱くなってしまい、通信速度が遅くなったり不安定になるというデメリットもあります。親機からの距離が離れていたり壁などの障害物によって電波が弱くなってしまう場合には、中継器を利用してWifiが利用できる範囲を広げることができます。

親機のWifi電波が届く範囲の場所に中継器を設置しておけば、距離が離れていても快適にインターネットに接続することができます。中継器の使い方は簡単で、最初に親機のパスワードを入力して同期させてから子機にパスワードを入力します。以後は何もしなくてもインターネットに接続をすることができます。中継器を購入する場合には、親機の性能(速度の規格)よりも高い規格のものを選ぶことがポイントです。

親機の速度よりも低い規格の機種を選んでしまうと、通信速度が遅くなってしまうからです。親機と同等の規格であれば、通信速度が低下することはありません。それでもインターネット回線を変更したり高性能のWifiルーターに交換した場合には、ネックになってしまいます。中継器を選ぶ場合には、親機よりも高い規格の機種を選ぶようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *